MacWrapsの施工は安心確実だった!

シェアする

MacBookの色を自分好みのものに気軽に替えることができるMacWraps
オンラインショップで申し込んで、MacBookを宅急便で送付すると施工されたMacBookが帰ってきます。

自分の手元から離れている期間は2日程度ですが、大事なMacBookを預けるのは心配ですよね。

実際、どのように施工されているかを確認するために株式会社ダイヤサービスさんへ出向いてきました。

株式会社ダイヤサービスさんは千葉県の実籾駅から少し歩いたところに店舗を構えられております。
自動車整備屋さんということなので、外観からはMacBookのラッピングサービスを実施しているお店だとは思いません。。。
しかし、そこの2階にMacBookにラッピングを施す作業スペースがありました!

ワシのMacBook Airにラッピングを施してくれている様子を紹介いたします。

本体に貼り付けるためのフィルムをコンピューター制御された機械でカッティング!
フィルムをカッティング

カッティングされたフィルムシートから余分な部分を手作業で取り除いていきます。
意外と細かい作業です。
フィルムから余分な部分を除去

フィルムのカッティングを行っていると同時に、本体にエンボス加工を施す準備が行われています。
まずは、エンボス加工を施す型を切り出します。
エンボス加工の図案を準備

その型をMacBook本体に貼り付け!
エンボス加工の型を貼り付け!

ここからが、いよいよ本番!
フィルムシートの貼り付けです。
慣れた手つきでフィルムシートの位置決めを行います。
慣れた手つきで位置決め

位置が決まった後はヘラなどで慎重にフィルムを貼り付けていきます。
この作業ですが、横で見ていると簡単そうに見えるんですが相当慣れていないと出来ない技だと思います。
みるみるシワがなくなり、まるで塗装したかのような表面になります!
フィルムのシワを無くしていく

最後に 防汚コーティングを施してもらい完了です。
防汚コーティング

作業開始から完了まで10分程度でしょうか。
とても手際が良いので見ていて気持ち良かったです。

作業全体を通して非常に丁寧に施工を行ってくれていますので、大切なMacBookを預けても安心だと思います!

それでもMacBookを預けるのが心配だというあなた!
ご安心ください!
下記の通りMacWrapsのイベントが行われる予定ですのでそれに参加することでその場で施工してもらうことができます。
しかも、イベント特別価格でMacWrapsを行うとのことですので興味のある方は参加されてみてはいかがでしょうか。

・7/25(土)10:00〜17:00
場所:新松戸のコワーキングスペースBANANA CLUSTER
https://www.facebook.com/events/824010297717791/

・8/23(日)11:00〜17:00
場所:コワーキングスペース茅場町Co-Edo
https://coedo-dev.doorkeeper.jp/events/27310

スポンサーリンク

シェアする

フォローする