アバンテ Mk.III アズールを組み立ててみた!

シェアする

アバンテ Mk.III アズール」の組み立て&塗装を行いました!
まずは、色を塗る前のボディーです。
ボディー(ランナー付) ボディー(切取り後)  

鮮やかな「スカイブルー」が特徴で、「ボディー本体」と「ウィング」に加え「ウィンド後部」が別部品になっております。
一つ気づいたのが、「アバンテMk.Ⅱ」と比べてノーズ部分が短くなっている点です。
アバンテMk.Ⅱ」はフロントのシャーシに引っ掛ける部品が別パーツになっており先端よりチョッと引っ込んだ位置にあるのですが、「アバンテ Mk.III アズール」はボディーと一体形成になっており、最先端に引っ掛ける部分があります。

いきなり飛びますが、塗装後の写真です。
アバンテ Mk.III アズール(塗装後)  
どの部分を塗装したかというと、白いところ全てです。
フロントからリヤにかけての「白いライン」や「UCOMロゴ」でございます。
いわゆるこの「UCOMロゴ」がやってみたかった事なんです。
マスキングテープをアートナイフでチマチマと切取りしっかりとマスキングしてから塗装しました。
ワシの手先が不器用なためせっかくのロゴマークが少しガタガタですが、練習してどのような形でもキレイに切り抜けるようにしたいですなぁ・・・。

で、シャーシの方は全くの「どノーマル
ホイールのブレ防止にワッシャーをかませたくらいです。この車は走らせるのではなく、観賞用だと思っていますので・・・。
アバンテ Mk.III アズール(横) アバンテ Mk.III アズール(前)  

ロゴ部分のアップです・・・。
少しではなく、大分ガタガタですね・・・。
こういう作業もキレイに仕上げたいと思います。
フロントロゴ リヤロゴ  

マスキングテープ切抜き初作業にしては、まぁこんなこんかなと自分では思っております・・・。
次は、もうチョッと凝ったデザインに挑戦しようとおもいますので、期待しておいてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする