東京庵 香山店の「そば寿司」は夏にピッタリ!

シェアする

瑠璃光寺の駐車場向かいにある東京庵 香山店で「そば寿司」を食べてきました。

メニューのそば寿司も気になるのですが、その前に「山口なのになぜに東京庵?」という疑問が頭に浮かぶ訳です。。。
この疑問にぶち当たるお客さんが多いのか、店内にその疑問に答える張り紙がありましたので紹介します。

山口なのに何故東京庵か誰もが不思議に思うだろう
実は江戸が東京になって神田に、東京庵という流派ができました
薮・更科など東京庵もその中のひとつの流派の名称なのです
関東大震災(大正十二年)で東京庵本店はつぶれました
当時その東京庵で働いていた県内出身の職人を、先代正助が連れ帰って湯田温泉で東京庵を継承しました
東京庵という準手打ちを受け継いでいるのは、全国で唯一の店です
永年県内産そばを使っているので、当時の橋本知事が山口国体を機に”長州生そば”と命名されました 

元々東京でお店を出していて、関東大震災でお店を失い山口で店を継承したという話ですね。

疑問も解決したところで、そば寿司を注文!
ついでに、そば外郎も注文してみました。

待つこと数分。。。
そば寿司がやってまいりました!
そば寿司

そば自体が丸ではなく、きしめんのような扁平な形をしております。 
具材は普通の太巻きのごはんがそばに変わったものです。
海苔とそばの間に玉子が巻かれていますね。

これを出汁につけていただくのですが、ざるそばについてくる出汁ではなくそば寿司用に工夫されていました。
乱暴に書くと、そば出汁にポン酢をいれて薄くした感じ。
酸っぱくて、サッパリしてて、夏にピッタリな感じでございます。
わさびをたっぷり付けて食べると、夏バテ対策に良いのではないでしょうか。

そして、食後のそば外郎
そば外郎

こんにゃくではないですよ。
そば外郎ですよ。

山口県のういろうはわらび粉が使われているので、わらび餅を食べているような感じでございます。
しっかりと、そばの香りもしておりサッパリとした後味でした。

お店の情報
東京庵 香山店
山口県山口市香山町6-16
083-920-7575 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする