大魔王ジョロキア

シェアする

実はもう1つ買っていたんです。。。
大魔王ジョロキア」なんか、どえらいネーミングですねぇ。

大魔王ジョロキア

ジョロキア」とは「ハバネロ」と同じく唐辛子の名前で、正式名称は「Bhut Jolokia」(バフット・ジョロキア)というらしく、現地の言葉で「幽霊の唐辛子」とう意味らしいです。
この「ジョロキア」なんですが、2007年2月にギネスブックから「世界一辛い唐辛子」と認定されているとてつもない物みたいです。。。
辛さ指数は1,001,304スコヴィル(何じゃこの単位!?)で「ハバネロ」の約2倍あります。
(ちなみに、痛さの単位は「ハナゲ」です。)
**** 1cmの鼻毛を1N(ニュートン)の力で引っ張るときに生じる痛み。****

で、気になるお味の方は。。。
食べた瞬間に鼻に抜ける刺激臭!
口の中は辛いというよりピリピリ痛い感じです。
飲みこんでから少し経った頃に辛さがこみ上げてきます。
喉が熱くなってきて額からは汗がにじみ出ます。

このお菓子は食べた瞬間はそんなに辛くないんですが、辛さが後々まで持続する感じでございます。
癖になってしまいそうな味です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする