S10eの「Lenovo Quick Start」を試してみた

シェアする

IdeaPad S10e」に搭載されている「Lenovo Quick Start」を使用してみました。

IdeaPad S10e」はBIOSの設定を行わないと、電源をつけるとまず「Lenovo Quick Start」が立ち上がります。そこで10秒間何もしないか明示的に指定してやると「WindowsXP」が立ち上がるようになっております。
まずは、この「Lenovo Quick Start」を試してみます。

無線LANに関してですが、ワシの利用しているPlanexの「GW-AP54SGX」とは問題なく接続できることを確認。
それと、たまにこの「Lenovo Quick Start」で日本語が入力できないとの話を聞きますが、「Ctrl」+「Space」を入力することで日本語の入力が可能になります。
あと、キーボードのアサインが英語キーボードになっているので注意が必要です。

Webブラウザで当サイトを表示させてみました。
Webブラウザ
デジカメがしょぼいので画像が歪んでいる&暗いのはお許し下さい。。。

次は、「ミュージックプレーヤー」と「フォトビューアー」ですがWindows上でデータを保存する前に立ち上げているので何も見えていません・・・。
ミュージックプレーヤー フォトプレーヤー
ミュージックプレーヤーについてはiTunesの共有を認識できるかと思いましたが、できませんでした。
iTunesサーバ上のデータを参照できれば便利だと思うのですが残念です。
まぁ、これについては軽くいじってみた程度なのでもしかすれば可能なのかもしれませんのであしからず・・・。

最後は、「Skype」と「Chat」でございます。
Chat 
hotmailのアカウントでログインしたところ無事サインインでき、メッセージの送受信も問題なく可能でした。

Skype 
Skype」についても問題なく動作するのですが、内臓のマイクを利用するとファンの音を拾いすぎて相手がこちらの声を聞き取りにくいという弊害が出ます。
これについては、このソフト特有のものではなくハードの特性になるため内蔵マイクは使い物にならないと個人的に感じました・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク