羽田空港新国際線ターミナルのJALラウンジへ行ってきた!

シェアする

2010年10月21日にオープンする羽田国際線新ターミナルの中にあるJALのファーストクラスラウンジサクララウンジ、そしてJAL初の到着時に利用できるアライバルラウンジの見学に行って参りました!

羽田空港新国際線ターミナル

新国際線ターミナルへは国内線ターミナルから巡回バスで向かいます。
バスの到着口から建物に入るとAirローソンや銀行などが利用できます。
カウンターへと続くエスカレーター

目の前にある長いエスカレーターを上るとJALのカウンターがあります。
JALのカウンター

モノレールで新国際ターミナルへ来た場合はこのフロアへ直結しているので大変便利だと思います。
ここから保安検査場を抜け、いよいよJALのラウンジ見学です!

ファーストクラスラウンジサクララウンジのレセプションは共通になっており、向かって左側がファーストクラスラウンジ、右側がサクララウンジへと続く廊下です。
このレセプションは成田のラウンジモチーフをベースにバックウォールの和紙と漆のアクセントにより和の温かみを演出しています。
ラウンジレセプション

ラウンジは、都心立地型空港をご利用になるお客様の「早い・近い」ビジネス需要、国内線乗り継ぎ、早朝深夜便のニーズに応える。という事を基本コンセプトとしています。

まずは、ファーストクラスラウンジから見てみましょう。
ファーストクラスラウンジ

ファーストクラスラウンジは成田空港と並ぶJALのフラッグシップラウンジで、重厚な調度のなかにも上品さと温かみを感じさせる空間に、ゆったりとした全席1人掛けシートを配置。
これからはじまる旅への期待とともに、搭乗までの最上のひとときを演出します。
ファーストラウンジ お食事コーナー

ビジネス席のシートは半個室スタイルで周りを気にせず仕事に集中できます。
ヒトの動作や姿勢に合わせて背の傾きや座の位置が追従するコンフォートシートが配備されています。

次に、サクララウンジです。
サクララウンジ

サクララウンジのエントランスはガラス越しに浮かび上がる満開の枝垂れ桜と伝統工芸スタイルによる桜格子がラウンジへのアプローチを形成しております。
サクララウンジビジネスエクスプレスエリアデリ&エンターテインメントエリアクワイエット&リラックスエリアという3つのエリアで構成されています。

まずは、ビジネスエクスプレスエリアです。
ビジネスエクスプレスエリア サクラバー

ビジネスエクスプレスエリアは慌ただしい出発前でも有効に活用できる多機能なビジネス仕様で、中央部にあるサクラバーでお好みの飲物をピックアップし、搭乗までの短い時間を有効に活用できます。
ライブラリテープルで飲み物を片手にした寛ぎスタイルと、より落ち着いた空間での集中スタイルの2つの空間を利用できます。

次は、デリ&エンターテインメントエリアです。
デリ&エンターテインメントエリア

デリ&エンターテインメントエリアは朝・昼・夜に合わせた食事と映像を同時に楽しむ事が出来ます。
中央のテーブルには4面別々に超指向性スピーカーを配備しており、4つのテレビで異なる放送を独立した音声で提供されています。

お食事のコーナーはこんな感じです。
お食事 お飲物

最後にクワイエット&リラックスエリアです。
クワイエット&リラックスエリア マッサージチェア

クワイエット&リラックスエリアは仮眠も出来るコンフォートソファーと最新のマッサージチェアで、国内線からの乗り継ぎや仕事のあとに深夜の出発便まで靴を脱いでのんびり過ごせるように工夫を凝らされています。

両ラウンジの食事と飲み物は羽田空港でKIHACHI 、赤坂離宮といったレストランを運営する東京エアポートレストランと提携し、爽やかな和洋朝食から深夜出発前のしっかりとした夕食まで利用する時間帯にあわせて充実した食事が用意されており、「メゾンカイザー」の焼きたてパンや、ワインアドバイザー有坂芙美子氏による「季節のワインセレクション」など成田空港で好評のアイテムもあります。
また、ファーストクラスラウンジでは プレミアムビールやデザート等、さらに充実した飲食アイテムが用意されています。

3つ目のラウンジはアライバルラウンジです。
アライバルラウンジ アライバルラウンジ-レセプション

アライバルラウンジは早朝に帰国しそのまま出社、あるいは取引先へ直行する方の要望にあわせ6つのシャワーブース、全席1人掛けのソファー席、軽食が用意されています。
全席1人掛けのソファー お食事コーナー

旅行やお仕事で、JALの羽田空港新国際線ターミナルを利用する際にはぜひともこれらのラウンジも利用してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

コメント