HPの新しいAndroidタブレットHP Slate7は音楽を楽しむのにピッタリ!?

シェアする

HPの新しいAndroidタブレットの発表会に参加してきました。

Androidタブレットは3種類発表されたのですが、その中で手軽に持ち運べる7インチ画面のタブレット「HP Slate7」を紹介します。
HP Slate7

タブレット端末を持っている皆さんはどんなアプリケーションを使っていますか?
ワシはfacebooktwittermailweb閲覧がメインです。
常用しているアプリケーションについてのアンケート結果では下記のような結果が出ております。

1位:動画閲覧
2位:ニュース
3位:交通情報・地図
4位:天気
5位:通販
6位:SNS・チャット
7位:音楽
8位:ゲーム
9位:旅行

この中で動画閲覧、音楽、ゲームに関してはが関係しているジャンルです。
と、いうことでHP Slate7は音にこだわったモデルに仕上がっております。

どのように音にこだわっているかというと、HPのパソコンではおなじみ「Beats Audio」が搭載されております。
Beats Audioが搭載されているタブレットとしては世界初だと言う事です。 
音にこだわったSlate7

Beats Audioはタブレット本体のスピーカーでは機能せず、ヘッドフォンで音楽を聴くときに効果が現れます。
機能を有効にすることで、低音が持ち上げられ重低音の聞いた音質になります。
低音だけが強調されるわけではなく、全体的に引き締まった音質になるんです。

ワシが聴いた感じでは、アコースティックな音楽よりも電子楽器を利用した音楽を楽しむのに向いていると思います。 

Beats Audioはどんなイヤフォン / ヘッドフォンでも効果がありますが、Beats製のイヤフォン / ヘッドフォンを利用すると効果が最適化されます。
このHP Slate7にはBeatsのヘッドフォンを組み合わせるのが良さそうですね。 
下記のヘッドフォンがワシ的にオススメですよ!

HP Slate7は最大32GBまでのmicroSDカードが搭載できるのでストレージが8GBのモデルで十分ではないかと思います。
8GBのモデルは価格が13,860円と、低価格なので手軽に購入できるのが嬉しいですね。

2013年8月6日より注文受付で、発送は8月下旬とのことなので発売開始が待ち遠しいです。
microSDカードに音楽やプロモーションビデオなどを放り込んで楽しみまくりたいと思います。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする