昔作った曲をあたらめて録りなおしてみた

シェアする

1996年頃にクリスマスをイメージして作った「強くやさしく」という曲があるのですが、これを改めて演奏しなおしてみました。
 MOXF8

2015年に作り直したということなので「強くやさしく-2015」というタイトルにしておきました。

制作した環境は次のとおりです。
Apple Logic Pro X
YAMAHA MOXF8
KORG KROME61
初音ミクV3 

ハードウェアシンセ2台とコンピューター1台というコンパクトな環境ですね。
いまでは、ハードウェアシンセを利用せずに、ソフトウェアシンセで完結させる人も多数いるようですが、ワシはハードウェアシンセが好きですね。 

この曲を作った1996年当時はコンピューターの性能が良くなかったので音声データマルチトラックで録音して編集するということは行っていませんでした。

どうやって録音していたかというと、コンピューターではMIDIデータを使ってカラオケ部分を制作します。
つぎに、そのカラオケデータをパートごとにMTR録音していきます。
そこへ、ボーカル録音して最後にマスタリングを行うという流れでした。

利用していたMTRはRolandVS-840とうモデルです。 これは、ハードディスクではなくZipドライブという磁気ディスクに録音していくものでした。
 複数の録音テイクを聞き比べたり、エフェクトも録音した後に色々と調整できるようになっていました。

今ではこれらの機能はコンピューターが1台あれば完結してしまいますね。

VS-840と共に愛用していた機材がYAMAHAMU-80SY-77SY-85RolandJV-80です。
これらの機材は今のデジタルシンセサイザーと比べても負けず劣らない音を出してくれていたと思います。

昔の楽曲を今の環境で作り直すという作業は楽しいものですね。 

スポンサーリンク

シェアする

フォローする