ScanSnap SV600は雑誌をスキャンするのに便利!!

シェアする

ScanSnapシリーズでおなじみのPFUから新しいドキュメントスキャナ「SV600」が2013年7月12日より発売されます。
そのSV600を一足お先に試してきました。

SV600はこれまでのScanSnapシリーズとは全く違うデザインで、紙を一枚一枚本体に通して読み込むタイプではなく見開きの本を上から読み取って行くタイプです。
見開きの本を上から読み取る!

PFUの説明や、イベント登壇者のコメントで「これまで断裁できなかった貴重な本や、スキャナに取り込めないような分厚いものも読み取る事ができる。」と、紹介されておりましたが、ワシの主な利用目的は雑誌の読み取りでございます。

雑誌ってA4サイズよりも一回りほど大きいものが多いですよね?

その雑誌の巻頭グラビアなどは断裁してもワシの持っているS1100では読み込む事ができないので、フラットベッド型のスキャナで紙面の右半分左半分を別々に2回読み取り、後で画像編集ソフトを用いて1枚の画像に仕上げておりました。

A4より少し大きな紙面を読み取るために2回の読み取りと画像の編集との3工程を行う必要があったのですが、今回発売されるSV600を使うと1回の行程でキレイに読み取る事が出来るんです!

読み取る方法も本体下部にある「Scan」ボタンを押すだけのカンタン操作!
Scanボタンを押すだけ。

SV600は見開きA3サイズにも対応しているので、雑誌に付いてくるポスターなども手軽に読み取る事ができます!

SV600の頭部には読み取り用のカメラが付いており、その両脇には二つのライトが備え付けられています。
読み取る際にはこのライトで対象物に光を照らしてくれるので、周りの光がどのような状況でも安定した読み取りが可能になるようです。
この読み取り部分のデザインがカッコ良いですよね!!
二眼ライトがカッコ良い!

対象物を上部から読み取るということで、紙の書類だけではなくある程度の立体物も読み取る事ができるんです。
お人形を試しに読み取ってみたところ、キレイに読み取る事ができました。
上部からライトを照らしてくれるおかげで、変な影も無いキレイな画像になっていたのでデジカメで撮影するよりも良いのではないかと感じました。
お人形さんを読み取り!

お値段は59,800円と、少々お高めですがこれまでのスキャナとはひと味も、ふた味も違ったものになっていますので是非とも購入してどんな感じに使いこなせば面白いコトができるか試してみたいと思っております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする