ウォーターマン新製品「ブルーオブセッション コレクション」発売記念イベントに行ってきた。

シェアする

万年筆などの筆記具で有名なウォーターマンから2014年の新製品「ブルーオブセッション コレクション」が発売されました。
この「ブルーオブセッション コレクション」の発売を記念したイベントに行ってまいりました。
ブルーオブセッション コレクション発売記念イベント

ブルーオブセッションウォーターマンのブランドカラーであるブルーを基調としており、万年筆ボールペンそれぞれ4種類があります。
4種類のデザインには「カレン」「パースペクティブ」「エキスパート」「メトロポリタン」と、それぞれ名前がついております。

万年筆4種類
ブルーオブゼッション-万年筆

ボールペン4種類
ブルーオブセッション-ボールペン

ウォーターマンは下記のような現在当たり前のように利用されている仕組みを世界で初めて開発し取り入れたブランドです。
毛細管現象を用いた万年筆
インクカートリッジ
ペンクリップ

ペンクリップに関してが特に驚きでした。
いつも当たり前のように何気無く使っている仕組みでも、誰かが考え出してくれたからこそのモノなんですよね。

イベントのお土産として「ブルーオブセッション メトロポリタン」の万年筆を頂きました。
ブルーオブゼッション メトロポリタン 万年筆

とてもキレイな青色の筐体で手に持ったときの重さも絶妙です。
ペン先はM中字でございます。 

ペン先はEFFなどの細字を選ぶ方も多いと思いますが、ワシのように字に自信が無い場合は文字を大きく書くことでごまかすことができますよ。
中字であれば、字を小さく書くとつぶれてしまうので必然的に大きく字を書くようになるのでオススメです。

このブルーオブセションにはセレニティブルーのインクカートリッジが付属しておりました。
非常に美しい青色で大変気に入っております。

最近はパソコンタブレットスマートフォンを主に利用しており「紙に文字を書かない」という方が多数だと思います。
ワシはノート手帳ペンというアナログな物が大好きな人種なのでこれからもこの万年筆を大切に使っていこうと思います。

みなさんも、ぜひ万年筆を手にしてみてはいかがでしょうか。
 

【ウォーターマン】のイベントに参加中

スポンサーリンク

シェアする

フォローする