DELL「仕事に強いモバイルPCについて考える」ブロガーミーティングに行ってきた。

シェアする

ちょっと前ですが、恵比寿で行われたDELL「仕事に強いモバイルPCについて考える」ブロガーミーティングに行ってきました。
仕事に強いモバイルPCについて考える 

今回は「Vostro V13」のお披露目と「ビジネスで利用するモバイルPCに必要なものは?」といった内容でした。
今回用意された「Vostro V13」はこのイベント時点で日本にまだ1台しかなかったようで、タッチ・アンド・トライの際は大人気で撮影もままならないほどだったので後ほど一人づつ触れるように回してくれました。
Vostro V13 
この「Vostro V13」ですが、筐体が薄い(16.5mm)ので軽そうに見えるのですが、重さは1.59キロあります。これは、上位モデルで69,980円という価格に設定するために堅牢性を高めつつコストを抑えた材質(アルミ)を採用したことにより少々重たくなってしまったようです。
ちなみにInspironシリーズはプラスチック、Latitudeシリーズはマグネシウム合金を筐体の素材に利用しているとの事です。
Vostro V13(天板)Vostro V13(斜め横)
Vostro V13(背中)Vostro V13(トラックパッド)

この「Vostro V13」お披露目の後に3年後モバイルPCに搭載されていて欲しい機能についてのディスカッションを行いました。
ワシは、メインバッテリーとサブバッテリーを持っておりPCの電源を落とす事無くメインバッテリーを交換できるものが欲しい。という意見を出しました。
他の皆様からは、「長時間もつバッテリー」や「デスクトップPCと同期できるPC」や「クラウドとの連携」などの意見が出ていました。ワシが面白いなと思ったのは「ドッキングステーションにHDDやCPU・メモリが搭載されており、外出先から戻りモバイルPCをそのドッキングステーションに接続するとすぐさまデータ同期しドッキングステーション側のリソースを用いてパワフルなデスクトップPCとして利用できる。」といった意見です。
全体的にモバイルPC自体にはあまりパフォーマンスを求める意見は無く、「データはクラウド」・「ドッキングステーションを利用してパワーアップ」・「バッテリーは5~6時間利用したい」といった感じでした。

あと、要望として是非ともシリアル端子(D-Sub9pinやRJ45)を搭載できるようなオプションが欲しいとも言っておきました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする